借地権について

借地権とは何なのかといったことについてみていきます。借地権は人の土地を借りてその場所に所有物を立てる権利です。ただ単に土地を借りる権利ではありません。建物の所有を目的とした土地の借地権です。貸し手と借り手の呼び方は、土地を借りる権利を持つ人が借地権者。借地権を有するものです。これに対して借地権を設定しているもの、基本的に地主になります。借地権には賃借権や地上権などいろいろとありますが、そのほとんどは賃借権を刺します。

このなかで特に建物を所有する賃借権は平成4年の8月1日に制定された借地借家法(新法)が適用されます。しかし、新法以前のものは借地権法(旧法)が適用されます。そのため、現在でも旧法は多く存在しており、おおむね借地権法(旧法)が適用されている場合が多いです。借地借家法(新法)は施工後に締結された契約だけに適応されています。この借地権では土地を借りている側と貸している側で利害が異なる、いわば開発などによる立ち退きの問題の際に表面化します。住み手側としてはそのままでいたかったり、立ち退きに対する金額の問題であったりでたちのきたくなく、貸し手は返してもらい利益を得たいというような場合です。

借地権の種類

借地権の種類は様々な種類があり、大半が賃借件です。一般に借地権は借りる目的が何なのか、有償なのか無償なのかで発生する権利が異なります。主に、建物を建てる目的での借地権で地主などとのトラブルは多く発生している案件です。ここで、借地権の種類についてみていきます。借地権は大まかに建物を建てるために借りるのとその他の目的とに分かれます。この場合のその他の目的の場合、まず地代が有償ならば賃借権。多くがこれに当たります。地上権では有償無償どちらでも設定可能で、使用借権の場合は無償の場合しか設定はできません。

ここで、地上権と賃借権の差は売却や転賃の際に土地所有者に承諾を得なければならないかです。地上権の場合はこの土地上にある建物を第3社に売却したり転売したりすることが自由です。しかし、借地権の場合はあらかじめ土地所有者と話を付け、その後承諾を得た場合でないと第3者へ売却したり転賃させたりするといったことができません。土地を使う目的が建物以外のその他の目的である。そういった場合は使用借権、これは地代が無償の時のみ設定できます。他に地役権、地上権とあり地上権と同様に地役権も有償無償どちらでも設定することができます。

関連リンク:http://syakuchi-kaitori.com/
⇒借地権の売却について相談ができるサイトです。

借地権は新法により何が変わったのか

新法と旧法で特に大きな違いは時間についてしっかりと定めてあるかです。これは、どれだけの期間貸し出すのか。いつ返さなければならないのかということを決めなければならないものです。平成4年に改正された借地借家法は新法と呼び、それに対して以前の契約、平成4年の法改正以前に締結されたものは旧借家法として区別されることが一般的です。

新法と旧法の大きな違いとしては、新法では定期借地権(一般定期借地権・建物譲渡特約付借地権・事業用借地権)が制定されたことです。これが貸し出しの期間を設定し、その契約の終了時に土地を返してもらえます。期間中ならば立退きなどをしようとしても、理由がなければ土地を退くように言うのは違法となりました。そのため、貸し出される側に有利な法に見えますが地主にもメリットがあります。
旧法では借地権を持った人が土地を返してくれないこともありましたが、今ならば期間が設定してあるため地主も土地を返してもらうことができるようになりました。そのため、権利者がごねて土地を返してくれずに泣き寝入りしなければならないような地主にとっては良いものでしょう。しかし、現状ではほとんどが旧法のままのため、まだまだ浸透していないものでもあります。

借地権の知識

借地権という言葉を一度は耳にした事があるのではないでしょうか。これは他人が所有している土地に自身の建物を建築する際に必要な権利です。この権利について当サイトでは紹介しています。

借地権に関して勘違いされやすい事として、この権利を単に土地を借りるだけのものとして考えられる事です。文字通り解釈するとそう思われる事もあるでしょうが、実際には他人の土地に自分の建物を建てる際に必要な権利で、さらに建物を建てる事を目的としている場合に発生する権利でもあります。また、この権利にはいくつかの種類があります。

借地権の種類は様々ですが、これには建物を建てる事を目的とするものや、地上権と言われるものなどに区別されます。地上権と借地権における区別としては、例えば物件を売却したり、あるいは賃貸に出したりする際には、土地の所有者に承諾を得る必要があるのかどうかという違いがあったりします。

これらの権利は新法で新たに定められたものがあり、旧式の法律との違いとして、時間に関する区別がされているかどうかという点にあります。貸し出しの期間や返却期日などが決められ、貸出期間の間に土地を立ち退くなどの希望をするのは違法とされるなどのものがあります。当サイトでは、これらのような借地権に関する情報を細かく紹介しています。これから建物を建築する予定があったり、将来的にそのように考えられている方はぜひ、事前にチェックして役立ててみてはいかがでしょうか。