借地権について

借地権とは何なのかといったことについてみていきます。借地権は人の土地を借りてその場所に所有物を立てる権利です。ただ単に土地を借りる権利ではありません。建物の所有を目的とした土地の借地権です。貸し手と借り手の呼び方は、土地を借りる権利を持つ人が借地権者。借地権を有するものです。これに対して借地権を設定しているもの、基本的に地主になります。借地権には賃借権や地上権などいろいろとありますが、そのほとんどは賃借権を刺します。

このなかで特に建物を所有する賃借権は平成4年の8月1日に制定された借地借家法(新法)が適用されます。しかし、新法以前のものは借地権法(旧法)が適用されます。そのため、現在でも旧法は多く存在しており、おおむね借地権法(旧法)が適用されている場合が多いです。借地借家法(新法)は施工後に締結された契約だけに適応されています。この借地権では土地を借りている側と貸している側で利害が異なる、いわば開発などによる立ち退きの問題の際に表面化します。住み手側としてはそのままでいたかったり、立ち退きに対する金額の問題であったりでたちのきたくなく、貸し手は返してもらい利益を得たいというような場合です。