借地権の種類

借地権の種類は様々な種類があり、大半が賃借件です。一般に借地権は借りる目的が何なのか、有償なのか無償なのかで発生する権利が異なります。主に、建物を建てる目的での借地権で地主などとのトラブルは多く発生している案件です。ここで、借地権の種類についてみていきます。借地権は大まかに建物を建てるために借りるのとその他の目的とに分かれます。この場合のその他の目的の場合、まず地代が有償ならば賃借権。多くがこれに当たります。地上権では有償無償どちらでも設定可能で、使用借権の場合は無償の場合しか設定はできません。

ここで、地上権と賃借権の差は売却や転賃の際に土地所有者に承諾を得なければならないかです。地上権の場合はこの土地上にある建物を第3社に売却したり転売したりすることが自由です。しかし、借地権の場合はあらかじめ土地所有者と話を付け、その後承諾を得た場合でないと第3者へ売却したり転賃させたりするといったことができません。土地を使う目的が建物以外のその他の目的である。そういった場合は使用借権、これは地代が無償の時のみ設定できます。他に地役権、地上権とあり地上権と同様に地役権も有償無償どちらでも設定することができます。

関連リンク:http://syakuchi-kaitori.com/
⇒借地権の売却について相談ができるサイトです。